ホーム > 彩の国黒豚 > 美味しさと安心をお届けするまで > 生産者のご紹介

彩の国黒豚

「彩の国黒豚」の特徴

彩の国黒豚は、イギリス系バークシャー種が原種の黒豚です。
埼玉の黒豚飼育歴は100年に及びますが、平成10年からは5軒の生産農家で「彩の国黒豚倶楽部」を結成し、埼玉県が推奨する埼玉県優良生産管理農場制度に基づき、優良種豚の導入・専用飼料・統一管理のもと、肥育・出荷しています。

(1)こだわりの専用飼料

仕上げ期に旨味を引き出すため、麦類やさつま芋、また自給率向上を目的として、国内産飼料米を使用した「彩の国黒豚肥育専用飼料」で肥育。

(2)肥育期間約8カ月

一般の豚は出荷されるまでの肥育期間は約6カ月ですが、約8カ月かけてゆっくり肥育。

(3)やわらかで旨味ある肉質

筋繊維が細かいので歯切れ良く、やわらか。まろやかな脂肪には、本来の風味と甘み。

美味しさを届ける 彩の国黒豚倶楽部 5人衆

「オレら5人は頑固で変わりモンだ」と彩の国黒豚倶楽部会長・笠原常正さん。
そう語るワケは黒豚の育てづらさにある。
一般的な大型種の白豚に比べて肥育期間は長く、餌もこだわっているから高い。さらに純粋種なので神経質で病気に弱く、おまけに子豚を産む数は少ない。こんなに生産効率が悪いのに、ずっと彩の国黒豚にこだわってきたからだ。では、なぜ?
  それは、何よりその美味しさを生産者たち自身がよーく知っているから。
どうせなら、おいしい豚肉を提供したい。そんな熱く一途な思いの頑固者が「彩の国黒豚倶楽部」5人衆だ。

【幼少から黒豚一筋の人生】
会長  笠原 常正 さん:深谷市(旧花園村)

【年間出荷頭数】約300頭

【家族構成】4人家族

息子と二人で従事

黒豚飼育3代目。
埼玉の黒豚養豚発祥の祖である祖父五郎吉に従い、子供の頃から飼育に関わる。
「豚は黒だ」との祖父の言葉に従い、黒豚一筋。「黒豚の体調は見るだけですぐ、わかる」。100年前の原種の黒豚の特徴(体型、顔かたち)を保存することにもこだわっている。

【彩の国黒豚はおいしい、その言葉が何よりの励み】
副会長  橋本 雄二 さん:深谷市

【年間出荷頭数】約3000頭

【家族構成】4人家族

従業員3人含め5人で従事

黒豚飼育歴約30年。病気やストレスに弱い黒豚。状態をよく観察し、そんな彩の国黒豚の弱点を補うことに努力を重ねる。「苦労はあるけど、彩の国黒豚は美味しい。生産仲間がもっと増えて欲しいね」。とんかつ専門店とレストランを経営し、自分で生産した彩の国黒豚を皆さんに安心して食べていただこうと生産に日々努力しています。

【おいしい彩の国黒豚を供給できるようエサに工夫】
笠原 國行 さん:深谷市(旧花園村)

【年間出荷頭数】約500~600頭

【家族構成】3人家族

夫婦2人で従事

黒豚飼育歴約40年。黒豚飼育3代目。20代の頃、黒豚のおいしさをわかってもらいたくて、自ら東京などにも出向いたが、「その頃は理解されずに苦労したけど、やりがいのある今は、それもよい思い出」。

【黒豚飼育の苦労を支える「おいしい!」の実感】
佐藤 達夫 さん:入間市

【年間出荷頭数】約300頭

【家族構成】3人家族

夫婦2人で従事

黒豚飼育歴約25年。黒豚飼育を始めたきっかけが、その美味しさを知ったこと。「神経質で子豚の産数も少ない。密飼いもできない、そんなふうに面倒で生産性が悪い彩の国黒豚だけど、自分が納得したおいしさを届けたい」。

【厳しさを増す都市化の中での養豚、でも先輩と共に頑張る!】
天田 和好 さん:所沢市

【年間出荷頭数】約650頭

【家族構成】6人家族

両親と3人で従事

飼育歴約20年。飼育の苦労だけでなく、都市化の中で養豚を続ける現実は厳しい。「でも、おいしい彩の国黒豚を届けたいから、できる限り彩の国黒豚生産を続けたい」