HOME > 青果物市況見通し

青果物市況見通し

東京都中央卸売市場青果物販売概況

pdfアイコン
令和2年 東京都中央卸売市場青果物販売概況(7月下旬)

全体の販売概況

  • 入荷量  : 51,688トン(前年:48,773トン 106%)
  • kg単価 : 367円(前年:280円 131%)  ※数量・kg単価は野菜、果実の合計

7月下旬は、降雨・曇天の影響により、開市日あたりの入荷量で比較すると前年比93%と減少となっている。
ねぎは東北・北海道産が降雨続きで掘り取り作業が遅れ気味で、総体量の減少から引合が強まり強保合となっている。
とうもろこしは関東産の露地作は長雨の影響で、倒伏や腐敗による廃棄が多くなっており、出荷数量の減少や端境が起きている。東北産、北海道産の出荷が増える8月10日ごろまでこのような状況が続く見込みとなっている。

イベント情報 やさいたま君

大田市場野菜販売概況です。

青果ステーション

青果物市況見通し

全農さいたま

今が旬!おすすめレシピ