HOME > 青果物市況見通し

青果物市況見通し

東京都中央卸売市場青果物販売概況

pdfアイコン
令和2年 東京都中央卸売市場青果物販売概況(9月下旬)

全体の販売概況

  • 入荷量  : 47,597トン(前年:52,241トン 91%)
  • kg単価 : 312円(前年:290円 108%)

9月下旬は前年に比べ開市日が1日少ない為、1日当たりの入荷量で比較すると前年比106%となる。野菜の入荷量は全般に順調で前年比110%。果実は主になし類の生育初期の天候不順による不作のため1日当たりの入荷量は前年比95%と減少している。
トマトは東北産が花落ちしている段に入り入荷量が少なめで、関東の抑制作も多くはないためAM4㎏2,500円と相場は上げとなった。
さといもは千葉産が昨年の天候不順から種芋の質が悪く、疫病の発生もあり入荷量は少なめで推移した。埼玉産も増量が遅れ気味で総体量不足から単価は前年比110%と堅調に推移した。

イベント情報 やさいたま君

大田市場野菜販売概況です。

青果ステーション

青果物市況見通し

全農さいたま

今が旬!おすすめレシピ